見出し画像

【介護福祉士国家試験】障害の理解🌸(令和5年度出題・問題49・過去問解説22)

過去問解説かこもんかいせつ22

ノーマライゼーションとは、高齢者こうれいしゃしょうがいをたれたかた社会しゃかい一員いちいんとして普通ふつう生活せいかつおく権利けんりゆうすることをいた重要じゅうよう理念りねんです。ノーマライゼーションの提唱者ていしょうしゃや、どのように浸透しんとうしていったのか、歴史的れきしてき背景はいけい整理せいりしておぼえておくと、まぎらわしい選択肢せんたくしのある解答かいとうっかからずに正解せいかいできそうです。はたらうえでとても大切たいせつ理念りねんです。内容ないようしっかり整理せいりしてみてください。



 1.  デンマーク
ノーマライゼーション(normalization)の原理げんり最初さいしょ法律ほうりつんだくには、デンマークです。この原理げんりは、障害しょうがいのあるひともないひとも、できるだけおなじような生活せいかつができるように、社会しゃかい全体ぜんたいがサポートするというかんがかたもとづいています。デンマークは1959ねんに、このかんがえを法律ほうりつれた最初さいしょくにで、そのほか国々くにぐに同様どうようかんがかたれるようになりました。

✕ 2 . イギリス

✕ 3 .  アメリカ

✕ 4 . スウェーデン

✕ 5 . ノルウェー


監修かんしゅう日本介護福祉士会にほんかいごふくししかい 広報委員会こうほういいんかい


https://note.jaccw.or.jp/m/m7334f146a0be


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくださった方へ。公式X(Twitter)では研修情報や会のイベント告知など、最新ニュースを発信しています。ぜひフォローしてください!